1.メルマガ発行の準備                7.メルマガの内容決定など

2.メルマガ作成の流れ              8.有料広告をいかに受注するか

3.メルマガの雛形                 9.メルマガ発行後のクレームを受けない為に

4.ホームページ作成につて           10.一括投稿サイトへのマガジン登録

5.発行スタンドについて             11.マガジン発行後のバックナンバーのURL

6.発行スタンド・登録・解除・独占       12.ネットバンク     

1.メルマガ発行の準備

 メルマガを発行するにあたって、最初に行うこと。

 1.メルマガの内容の決定

 2.メルマガ公式ホームページの作成 この2つが、最初に来ます。

まずは, 1.メルマガの内容の決定 についてです。必要な事項はメルマガの内容 これが、第一ですね。

趣味のメルマガはビジネスになりません。

私の場合のメルマガの趣旨は、広告収入の確保ですから、在宅ビジネス・マガジン になります。

広告収入の確保の為には、購読者数がポイントなのです。購読者数は、誤魔化しが効きません!!!

発行スタンドのバック・ナンバーで誰でも確認出来るからです。

購読者の獲得方法は、後ほど述べます。

第二の理由は、日刊 または 隔日発行にしますので、記事なんて、自分で書いているヒマは無かったです。

よって、送られてくる広告原稿を ただコピペで貼り付けるだけの在宅ビジネス・マガジン が最適です。
 
2.メルマガ作成の流れ
みなさんが、これから行う作業の流れです。

1.メルマガの詳細の決定

 ・タイトル ・紙面の構成 ・ビジネス・メルマガを、まず作る
       ↓
2.広告用ホームページの作成(ホームページのコンテンツの方を参照してください)

     ・簡単な1ページもの
       ↓
3.発行スタンドの選定と登録
       ↓
4.自分のアドレスを登録して、2〜3回 配信
       ↓
5.一括無料投稿サイトへのマガジン登録
      ・購読者数を一気に増やします。
       ↓
6.無料独占広告の募集開始
       ↓
7.購読者が 500名を越えた団塊で有料化の告示
       ・次の、8〜9への参加の為です。
       ↓
8.クリック保証型【独占広告】に登録申請
       ・すぐに、収入が発生します。
       ↓
9.有料一括投稿サイトに登録申請
 ・勝手に、有料広告の申し込みが入ってきます。
 
3.メルマガの雛形
構成は だいたい、こんな感じになります。

構成例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 タイトル  日付
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大きい広告 (ヘッダー広告)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3行広告が10〜20件くらい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大きい広告(フッター広告)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
免責事項
協力サイト
編集者情報
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



一応、ひな形です。

ご自由にレイアウトされてください。(これは、大体の構成で基本的には、どのパソコンにも入ってるメモ帳
作ります。

参考例

                     ★☆ マガジン名
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インターネットの在宅わーくを応援する、 【マガジン名】です。
ただいま、正式稼働準備期間として 無料投稿 をお受けしております。
どうぞ、みなさまのビジネスのパートナーとしてご利用をお待ちしております。

http://www.xxx.xxx


====================================================================
              ★,。・:*:・゜'☆ 〓TOP☆PR〓 ★,。・:*:・゜'☆
====================================================================
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



========================================================



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    ◆---------------------------------------------------◆
        ☆在宅わーくのご紹介 真剣に収入が欲しい方必見☆
    ◆---------------------------------------------------◆
■タイトル:
■URL:


■タイトル:
■URL:


■タイトル:
■URL:


■タイトル:
■URL:

   ↓
 繰り返し
   ↓

■タイトル:
■URL:


■タイトル:
■URL:

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



========================================================



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   ■ 情報提供 ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■※【免責事項】
 本メールマガジン掲載に関する情報に関しては一切責任を負いません。
 掲載情報の利用に際しては、自己責任でお願い致します。
 当事者間で直接交渉、契約締結、解決等をして下さい。
 いかなる損害に関しても一切責任を負いかねますのでご了承下さい。

■当マガジンは購読の了解を頂いている方にのみ配信しています。

■『購読解除』
 このメールへ返信しても解除は出来ません。
 お手数ですが、下記より解除手続きをおこなって下さい。

   http://www.xxxx

■発行システム:【 000 】マガジンID:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 「 マガジン名 」 ☆2004.00.00 

発行元:
url: http://www
mail:
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
これも同様メモ帖で作ります。
4.ホームページ作成につて
今回は、ホームページの作成のお話です。

ホームページの作成自体は ホームページビルダーなどの 作成ソフトで行います。
フリーのソフトもありますが、わたしはほーむページビルダーを勧めます。
             
           買うお金がない人→ これならどうだ

ソフトの使い方は、ここでは述べません。分からない方は、(ホームページのコンテンツの方を参照してください)

       【ホームページの構成】

全体構成は、1ページものでOKです。申し込みフォームをいれても 2ページです。

内容は、ごちゃごちゃ説明やPRは不用ですメルマガ広告に必要なのは

 ◆バックナンバーへのリンク

但し、リンク先は 発行スタンドのバックナンバー公開先ですので後日のリンクになります

 ◆広告料金の表示

大体の相場は、発行部数×1円ですが、今は値崩れしてますので0.5円くらいでしょうか?

しかし、安くても良いかというのは???です。
それと、有料広告共同サイトに登録するときに 割引設定しますので1円で良いですよ

 ◆有料広告申し込みフォーム

 これは、Formman の無料フォームを利用しましょう。
 理由は、受付のメールを自動送信してくれるのです。

       フォームマン  ← ここから会員登録して作成。

 ◆メルマガ購読 及び 解除フォーム

これも、発行スタンドに登録・解除フォームのソースがありますので
HTMLソースに直接 コピペで貼り付けます。これも、発行スタンド登録後の作業です。

 ◆無料広告申し込みフォーム

 これも、Formman の無料フォームでOKです。もしくは、他の無料のフォームデコーダーをお使いください。

 無料広告申し込みフォームは、アンテナとして重要です。有料広告申し込み前に、様子見で使われるケースも多いです。直接、このフォームから送られた原稿は、早期に必ず掲載しましょう。

 ◆無料一括登録リンクバーナー

購読者新規情報 無料広告依頼は 無料一括登録サイトに依存します。
リンクバーナー設置が条件のサイトが大部分なので、きれいに設置しましょう。

◆おまけ

掲示板の設置→ これは、好みです

◆有料広告申し込みフォームからの、自動送信文

有料広告申し込みされた顧客には自動でお礼の挨拶メールを送ります。
このとき、広告料金の振込先も記載しておきます。

 【文章例】

   今回「〇×△〇×・有料独占広告」をお申込み頂きまして
   大変ありがとうございます。

   広告代金は以下の銀行口座にお振り込み願います

     お振り込み先
        ジャパンネット銀行 本店
        普通預金 339×××××
        口座名義 タケウチ ミチヒロ

   申し訳ありませんが、送金手数料はお客様でご負担願います。
   独占広告の掲載開始は、お振り込み確認以降となりますので、ご了承ください。
   お手数ですが、振込後「振込完了」メールを頂きましたら幸いです。

   今後とも、よろしくお願いいたします。
 
                  会社名 〇×△〇×
                  担当者 山田太郎

                           unointer@e...
5.発行スタンドについて
メルマガは、インターネット上のタウン誌のようなもので、そして、ビジネスをやる人間にとっては

通常のメルマガ=タウン誌の広告
独占広告メルマガ=チラシ の感覚ですね。

統計上は、独占広告は、通常のメルマガの10倍の効率だそうです。

最近は、独占広告も多くて一日に何十通も届くのもあります。

もう半分、スパムメール化した独占広告を嫌うスタンドもめちゃめちゃ増えてきてます。


【メルマガの発行の流れ】

発行するメルマガの原稿を、メモ帳なりで作る
        ↓
発行スタンドの発行フォームに貼り付ける
        ↓
即発行と、予約発行 どちらかを選択して、発行ボタンを押す
        ↓
事前に購読者登録されている読者すべてに
一斉にメルマガが送信される。


 これだけ・・・簡単です。。。大丈夫です。こんな私にもできたのですから。


【発行スタンド】

上記の通り、新聞で言うと 新聞社から 新聞配達までをやってくれる便利な所。

これは、無料の発行スタンドを使う方法と、
有料の独自配信システムを使う方法があります。

ちなみに、わたしは、当然無料のでやってましたが。

独占広告の発行部数が増えると、有料に移行しますが
はじめのうちは、もちろん無料を選びます。

※注: まぐまぐ や メルマ といった大手は 独占広告を
     スパムメールと位置付けて、広告誌の発行を禁止してます。
   じつは、私の入ってた発行スタンド”すきやねん”も最近独占広告禁止になりました。

【発行スタンドの選定】


これは、好みですが 大手以外は トラブルも多いです。
経験上、2ヶ所に登録するのが良いと思います。

個人的なお奨めは、 POSBEE とか

MailuX ですか。ここは、バックナンバーに発行部数が表示されないのが難点です。

メルマガランドは、のっけからトラブルにぶつかりましたがそれ以外では、良いスタンドだと思います。

【購読者登録】

基本的に、購読者が自分で購読申し込みするのが前提なので
一括登録は出来ません。

しかし、便利サイトがありました。一回に、20人分ずつ一括登録できます。
ここは、発行スタンドにもリンクしてまたのですが、なくなってしまいました。http://navi.pro.tok2.com/m/bdairi.cgi

※ちなみにわたしがやっていた すきやねんは少し前まで、独自の一括登録があったのですが、
 (一度に500人も登録できる)確認制になったので、先にメルマガを登録した後に相手にメールマガジンを
 送っていいか確認の後に、登録できる様なめんどくさいシステムになってしまいました。

【自分に発行してみる】

登録完了のメールが届いたら、ID と パスワードで発行スタンドにログインして 最終手続きをしてください。

そして、試しに 自分宛に メルマガを 2〜3部 発行してみましょう。

これで、あなたも いよいよ 広告業開業です!
6.発行スタンド・登録・解除・独占

アドレス登録は 発行スタンドでの手作業です。発行スタンドでの一括の自動登録はいま、あるかもしれないですが

すきやねん以外にあまりみたことがありません。あれば教えてほしいです。

解除は 基本的に 購読者自身が行う取り決めです。メルマガにも、解除方法は載せます。

発行スタンドに 登録・解除フォームがあるのでこれを HPに貼り付けます

ホームページからの独占や無料広告で申し込みがあったときはどうやるのかといいますと、

独占は、独占フォームで受付、ユーザーの指定日に配信するように、発行スタンドに予約登録します

無料の3行広告は、一括からの依頼とは別に、有利な位置に掲載します

HPからの無料申し込みは、今後の有料申し込みの布石なので、とても重要と、いわれてたんですが

わたしは、一回ぐらいしか来ませんでした。まあメルマガの工夫がたりなかったのですが。
7.メルマガの内容決定など
1.メルマガの内容の決定
2.メルマガ公式ホームページの作成
この2つが、最初に来ます。

 ★ メルマガの内容

趣味のメルマガはビジネスになりません。広告収入のメルマガの趣旨は、広告収入の確保ですから、
在宅ビジネス・マガジン になります。

広告収入の確保の為には、購読者数がポイントです。
購読者数は、誤魔化しが効きません!!!発行スタンドのバック・ナンバーで誰でも確認出来るからです。
購読者の獲得方法は、後ほど述べます。

第二の理由は、日刊 または 隔日発行にしますので、記事なんて、自分で書いているヒマは無いです

送られてくる広告原稿を ただコピペで貼り付ける在宅ビジネス・マガジンです。

 ★ メルマガの名称を決めます。
パソコンには 毎日 メルマガが届きますか?フリーアドレス宛に送らせて、見ていない方が大部分でしょうか?
一度、じっくりとご覧になってください。
各紙、工夫を凝らした内容と、名称です。知っているメルマガ・タイトルはありますか?
 
 タイトルは、顔なので憶えやすい、特長のある名称を考えてください。

以上、第一ステップです。

やることは

1.実際に発行されているメルマガを見比べて、
  自分のメルマガの構成を思い浮かべる。

2.メルマガの名称を決める。

3.実際に、ワープロに 打ち込んでみる。

ワープロ・ソフトは、ウインドウズに標準の メモ帳 にしてください。
文字の装飾はしないので、WORD や 一太郎は 重たくて邪魔です。メモ帳 が、一番優れもののソフトです。
8.有料広告をいかに受注するか
その収入の取り方をご説明しましょう。

◆まず、メルマガの名前を覚えてもらいましょう。

購読者人数が、ある程度増えてきたら、独占広告の無料キャンペーンを貼るのも効果的です。
 (ただ今は無料でできる所あるにはあるのですが有料がほとんどみたいです)

その際、件名に必ず、自分のメルマガ・タイトルも表示しましょう。

同じメルマガが、一日に数回配信されたら、活気のあるメルマガの印象を植え付けられます。

◆クリック保証型【独占広告】に登録申請してみましょう。

MAGA-CLICK(マガ・クリック)クリック保証型独占広告
http://www.ma-click.com/

購読者数500人から、受け付けてもらえます。
詳細は、上記HPをお読み下さい。

 @@参加資格@@
※1回の発行部数が500部以上であること。(複数の場合発行スタンド合計)
※バックナンバーを公開できること。(配信確認用)
※「まぐまぐ」「melma!」は、セールスパートナー外です。(広告掲載は出来ません)
 それ以外の発行スタンドを利用していること。

※クリック保証型【独占広告】とは?------------------------------
バナー広告等の掲載期間や表示回数の保障とは異なり、メルマガ広告が
クリックされた回数を保障する広告システムです。
----------------------------------------------------------------
※このマガクリックが私の収入源でした。ここも今少し制限ができていて広告を出す時間が制限されています


◆有料一括投稿サイトに登録申請してみましょう。

有料一括投稿サイトとは、メルマガ発行者の協同組合のようなもので
広告の受注を代行してくれます。
システムは、それぞれ別ですが、確実に収入は入ります。もちろん、掲載する側の責任は重たいですよ。
どんな仕事も同じですが・・・
9.メルマガ発行後のクレームを受けない為に
事前にクレームになりそうな芽を摘んでおくこと!と言っても、実際いろいろ出てくると思うのですが・・・!(^^;

私は、メルマガHPに大きな文字で、”記事を投稿する方は、自動購読されます!”と謳っています!

これにより配信されるのがイヤな人は投稿しないと思います。

でもさっき言ったように、すきやねんでは確認メールを出してOKな人しか購読してもらえません。


購読1,000人までは、一括からメルアド登録するのが手っ取り早いけど、それからは有料広告を取る事を前提に

考えるから、なるべく自分のHPからメルマガ投稿する購読者を増やす努力が必要かも・・・! 一括から来る読者

は自分の記事が掲載された時点で、スグ解除する傾向が高いから!

HPに掲示板を設置する。メルマガ自体の企画を考える!「このメルマガは、購読しといた方が得だな!」と思えば

解除しません!!読者は増え続けますから・・・!この努力をおしんだからかも

無料独占掲載を呼びかけるといった企画ものは、絶対必要です!! 独自性が必要!

何でも創意・工夫なんですネ!!!
10.一括投稿サイトへのマガジン登録
【参加マガジン募集に申し込みます】

一括無料投稿サイトにアクセスするとだいたい、小さめの文字や、入り口で 参加マガジン募集 と

書かれたリンクが張ってあります。ここから、登録しててください。

※ 誤って、広告一括掲載に申し込むと、大量のメルマガが送りつけられます。 ご注意ください。

わたしも、一回だけ間違ってすごいメールの量が、夜中じゅう削除しまっくて、腱鞘炎になるかと思いました。

登録が完了すると、毎日 掲載依頼メールが届くようになります。

これを、自分のメルマガ購読者として メールの部分をコピーして登録していきます。

たとえば、すきやねんならそこに一括登録してくれるシステムがあるので、そこにコピペすれば登録されるのですが

私の場合、最終的に9ヶ月で購読者が6300人ぐらいいきました。

【広告掲載について】

一日 100件の広告掲載は 物理的に無理ですね。

アドレスは、すべて いただいて、広告掲載は 気に入ったものだけでOKです。

 【一括掲載の真実】

みなさん、結構 広告依頼に 一括無料投稿サイトを使われていまが

広告掲載前に メルマガ購読解除すると 掲載されません!の文字!

自分で、やるとわかりますが、その人がメルマガを継続してるか知るのは無理!

さらに、広告を載せて貰える確率なんて、ぜんぜん低い!!!

ようは、アドレス収集に利用されているだけなんですね。

だから、発行スタンドの規制がどこでも厳しくなってきたんだと思いま。

【購読解除はチャンス】

だいたい、みんな メルマガ広告申し込んで、配信されてきたら すぐに解除するんです。

で、一部を除いて ホームページに行かないと 解除出来ないんですね。これは、広告受注のチャンスです。

ですんでホームページには工夫が必要です。

解除フォームをHPの、下に位置させると、自然と 独占広告募集の部分が目に入る!

これを機に、広告依頼が来る確率が高いんです。この辺も考えて、HPの構成や 文章に気を配りましょう!
11.マガジン発行後のバックナンバーのURL
まがじん登録するす際に、【バックナンバーのURL】を書く欄に
メルマの閲覧URLを指定すると、直接はみる事が出来ないんです。

メルマのホームページを開く メルマのホームページ
      ↓
右上のメルマ検索 に 自分のメルマガのタイトルを入れて 検索する
      ↓
出てきた 自分のタイトルの右側にある  バックナンバーをクリック
      ↓
バックナンバーが出てきます

このとき上に表示される URL がバックナンバーのURLになります。

 ※メルマは、バックナンバーが掲載されるのにかなりの時間がかかります。
12.ネットバンク
ジャパンネット銀行


E−バンク



上の二つの銀行が一般的。

メリットは 口座入金があったときに すぐにメールでお知らせが来ます。
あと、24時間利用できますので、入金チェックとかに便利ですよ入出金は 郵便局か 指定銀行で行います。

口座開設まで2週間くらいですね。手数料はたしかジャパンネット銀行の方は月に6回までは、
引き落とすのにお金は取られなかったと重います。

ホームページへ戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO